top of page

クラウド活用事例(文化祭の企画)

•B-Dの仮説を壊す

–準備に参加することによってチームワークができる

•⇒チームワークを強める機会は、文化祭の他にもたくさんある。参加を強要するのをやめ、部活の子を応援する。

–成功のためには、より多くのひとの協力が必要

•⇒作業ごとに、日にち、時間、人数を整理して、前もってスケジュール伝えるようにする

•C-D’の仮説を壊す

–文化祭の準備にはたくさん時間がかかる

•⇒作業を細切れにして、短時間だけど重要な仕事を部員にお願いする。

•装飾資材の買い出し、ビラ配りなど

•文化祭直前でない仕事(Tシャツのデザインなど)4.やったことで分かったことは何ですか? その後、その文化祭を見に行ったのですが、無事、クラス企画は成功し、物品販売の目標も達成したことを見届けました(完売!)

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

札幌新陽高校にて先生方50名以上の対話の場にてTOCfEを体験いただきました!

札幌新陽高校と『中つ火を囲む会』 まずは、今回ワークショップを開催させていただいた札幌新陽高校をご紹介したいと思います。 札幌新陽高校は、『自主創造』を校訓とする、北海道札幌市にある高校です。 新陽ビジョン2030を掲げ、新しい取り組みを次々と展開する学校として、近隣地域はもとより、各方面から注目されている高等学校でもあります。 さまざまな領域での目指す姿をまとめ上げた、そのビジョンは、 人

教育のためのTOC 国際オンライン・シンポジウム2022開催レポート

<TOCfEのツールとは> <各国からの発表事例> 発表された事例テーマは多岐に渡りました。 ・卓球で勝つために(韓国) ・エッセイ・ライティングへの適用(南アフリカ) ・パンデミックのなかでポーランド、イタリア、リトアニアの先生たちがこどもの可能性を引きだすために日常的に取り組んだこと ・合併された地域に平和をもたらすためのTOCの活用(シンガポール) ・TOCツールを使ったジェンダー

人が秘める可能性を解き放つヒントをくれた ~ 教育のためのTOC創立25周年記念 国際オンライン・カンファレンス2020開催レポート ~

NPO 教育のためのTOCは1995年に、イスラエルの物理学者であり、ビジネス小説のベストセラー『ザ・ゴール』の著書でもあるエリヤフ・ゴールドラット博士によって創立され、キャシー・スエルケン氏が会長となりました。 今年はこのNPOの創立25周年を記念して、国際オンライン・カンファレンスを開催。世界15か国(イスラエル、アメリカ、イギリス、フィリピン、韓国、日本、イタリア、ポーランド、ニカラグア、

Comments


bottom of page